そして、ロボットという名称は、
チェコの作家カレル・チャペックが書いた『R.U.R』から誕生したとされる。
このストーリーは、
科学が進み、ロボットは人韓國人蔘間よりも遥かに高度な知能を有することになる。
そして、ロボットたちは、無能な人間に支配されるのではなく
人間を排除して、自分たちの理想社会を作ろうとする話。
また、
日本の作品としては、SF作家の星新一氏が1958年に書いた『ボッコちゃん』がある。
これは、バーのマスターが作った”ロボット”。
人間そっくりな”アンドロイド”と表現した方が良いが、
見かけは、美形の要素を集めた美女。だけども脳ミソは空っぽに近い。
その美女に恋する若者。
このロボットをめぐって、ひと騒動が起こるという話。

こういった、ロボットが出てくる小説なり映画などは、明るい未来というより、
悪魔的な側高麗蔘面が強調されて描かれていることが多い。

今日、新製品情報を伝えるサイトを見ていると、
”ロボット・プリンター”なるものが出ていた。
必要となれば、機械自体が席まで自律行動で移動して来るというプリンター。

ふつう、オフィスで使うコピーやプリンターは、フロアの端に設置されていて、
コピーする時には、席を立って、コピー機まで行かなければならない。
ちょっと手間。
そして、コピーの場合、秘密を保持しなければならないものある。
遠隔操作だけではヒミツ保持が出来ないので、
席の目の前まで来てプリントするという配慮もあり、このスタイルになっているという。
席を立たなくてもいいので時短が可能で韓國人蔘効率的だともいわれる。
ロボット社会は、ここまで来ているのか、といったところ。

果たして、ロボットは明るい未来を描くのか、
人間の仕事を奪う小悪魔なのか?